四国地区公立小・中学校事務職員研究会規約

(名称)
第1条 本会は,四国地区公立小・中学校事務職員研究会と称する。

(組織)
第2条 本会は,四国四県(高知,愛媛,徳島,香川)に所在する公立小・中学校の事務職員研究団体をもって組織する。

(目的)
第3条 本会は,加盟各県団体の連絡を密にして学校事務の研究と学校事務職員の資質の向上をはかり,学校教育の振興に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 本会は,前条の目的達成のために必要な事業を行う。
(1) 学校事務の研究に関する事業
(2) 情報交換に関する事業
(3) 全国公立小中学校事務職員研究会の四国地区に関する事業
(4) その他本会の目的達成に必要な事業

(本部)
第5条 本会の本部は,各県輪番の当番制により,その当番期間は当分の間2年とする。

(役員)
第6条 本会の役員及びその選出方法は,次のとおりとする。
(1) 会長 1 名 当番県団体の長をもってあてる。
(2) 副会長 3 名 当番県以外の各県団体の会長をもってあてる。
(3) 理事 若干名 会長の指名による。
(4) 会計 2 名 会長の指名による。
(5) 会計監査 3 名 当番県以外の各県団体より1名選出する。
(役員の任務)
第7条 役員の任務は次のとおりとする。
(1) 会長は会務を総理する。
(2) 副会長は,会長を補佐する。
(3) 理事は本会の事務を掌する。
(4) 会計は本会の経理を掌する。
(5) 会計監査は本会の会計を監査する。

(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とし,重任を妨げない。

(連絡会議)
第9条 会長は必要により連絡会議を招集することができる。
2 連絡会議は役員及び各県団体代表者数名をもって構成する。

(研究大会)
第10条 本会は,当番県において四国地区研究大会を開催する。
2 研究大会は,当分の間隔年で開催する。

(年度)
第11条 本会の年度は毎年4月1日をもって始まり、翌年3月31日をもって終わる。

(経費)
第12条 本会の経費は,各県団体分担金をもってあてる。
2 分担金は3万円とする。

(規約の改正)
第13条 本会の規約の改正は,連絡会議にはかりその承認により決定する。


(附則)
この規約は,昭和50年4月1日より実施する。
(附則)
この改正は,昭和51年4月1日より実施する。
この改正は,昭和58年4月1日より実施する。

TOPへ戻る